男の子たちは一度は恐竜の不思議にハマるものです。
恐竜の世界は今は絶滅してしまったからこそ不思議であり、実際に見たことがないかたこそ探究心が湧きますよね。

恐竜の図鑑や恐竜の化石が見られる博物館などに興味を示す男の子もおおいのではないでしょうか。

そんな恐竜大好きな男の子たちに最適なのがダンボール工作です。
ダンボール工作で恐竜の骨格標本を作ってみましょう。

ダンボールのクラフトカラーが恐竜の骨格標本にするには合っていますし、簡単にカットできることでたくさんの骨格を表現することができます。

切ったり貼ったりがすぐにできるので自分の思うがままに図鑑などを見てデザインして表現すると自分流の化石ができますよ。

難しいという子達にはダンボールで作る恐竜標本のキットなども売られています。
夏休みの自由研究や工作などに向いているかもしれませんね。

恐竜は茶色っぽい色をしたものが多いですが、実はまだ皮膚の色が実際にどんな色だったかは解明されていないのだそうです。
ですからダンボールのクラフトカラーに色を塗ってこんな色だったのではないかと探るのも面白いですね。

ダンボールは安心の素材で丈夫で軽いので工作には最適で、子供たちもダンボール工作がスキな子供が多いので創作意欲が湧くかもしれません。