巨大なおもちゃを作るには家ではちょっと無理…という場合でも公園や川原などで親子で巨大な工作をするのもたまには良いと思いませんか。

巨大な工作というと向いてる材料はダンボールです。

ダンボールはとても優秀な工作材料であり、誰でも扱える素材です。
安全で、丈夫で軽いので巨大なものを作ろうと思ってたくさんの材料を運ぶにしても誰でも運べる便利なものです。
いらないダンボールを集めて数人で協力して巨大迷路を作ってみましょう。

ダンボールを適当に繋げていき通り道をくりぬきます。
たまに行き止まりを作ったり、ちょっとした回り道を作ったり。
図面を書くと確実ですよ。部面というと難しく感じますが子供の遊びと一緒で紙に自作の迷路を書くだけで良いのです。

それをダンボールで再現するとしっかりとスタートとゴールができて失敗することなく作ることができるでしょう。

子供たちは迷路が大好きです。自分たちがくぐることができる実際の迷路なんて子供の夢のひとつでもあります。
それをダンボールで自分たちで作るのですからきっと大興奮でしょうね。

使い終わったダンボールは資源回収やダンボール回収業者、ダンボール回収を行ってるスーパーやホームセンターなどに持って行くと良いですね。