ダンボールクラフトをするなら、
作りたいものを考えることから始めます。

それによってタダで手に入る箱で作れる場合もありますし、
大きな1枚板になったものを購入する必要も有ります。

初心者なら前者を選び、小さめのものから作ってみましょう。

さて、クラフトに必要な道具について説明しますが、
円形など曲がったラインを必要としないのなら、
以下のもので全て対処できます。

・カッターと替え刃
切れ味が良いものが鉄則ですので、替え刃は必須です。

100均で手に入るものでも十分に使えますが、
細かい作業が多ければ、先のとがった
デザインカッターを準備します。

ホームセンターなどでも販売されており、
お値段はそれほど高くありません。

・カッティングボード
使わなくなった雑誌や電話帳を使用してもいいですが、
使ううちにボロボロになり使い辛くなります。

32×10センチ程度の大きさなら100均でも手に入ります。

・木工用ボンド
黄色に赤いキャップのボンドは皆さんもよくご存知だと思います。

工作でも使いますので、文具店などで手に入ります。

大容量タイプなら木工・金具店やホームセンターで販売されています。

・グルーガン
グルーガンは工作以外に手芸でもよく使われます。

小さめのものは比較的安く手に入ります。

詰め替えのグルーも忘れないでください。

こちらは接着にかかる時間を短くできまる。
あっても無くても構いません。

・金属製のものさし
プラスチックやアクリル、木製のものだと
カッターで削る可能性が有り、
まっすぐなラインが引けなくなります。

・あればよい鉄筆
インクが出ないボールペンでも代用が可能です。