通販などで手に入ったダンボールを
再加工する方は少ないと思いますが、
自分サイズのものを作ることが出来ると、
引き出しや小物入れ、
あるいは荷物を送る際にも活用することが出来ます。

どのような形状を作るか、
用途はなんであるかによって設計図が異なり、
大きめのものを用いても
思うとおりに切り出しが出来ないことが有ります。

梱包に使われているもののほとんどが側面繋がりになっており、
それぞれに蓋部分が付いています。

このようなものだと、側面のみで作れるサイズが適しています。

蓋が無いボックスは安定感に欠けますので、
底の部分で補強をする必要が有ります。

例えば、底面と同サイズのダンボールを入れるなどです。

梱包用であれば、
内容物が破損しないよう落ち込みや
凹みが出ない工夫をする必要が有ります。

蓋部分の4つ辺のうち1辺を長めにし、中に差し込むか、
外に出してテープで留められるようにしてください。

強度面で心配ならば、
箱の高さにカットしたダンボール(長方形)を丸めるか、
三角に折って四つ角に立てて固定してください。

そうすることによって縦方向の強度が増します。

これはレコードやお皿など、
割れ物を送る際に行うとよいでしょう。

角をうまく作るには、
鉄筆や金属で出来た物差しを使用します。