最近は額縁もとても安く手に入ります。

ただ、量産されているものですので、
同じものを誰かが持っているということになりますので、
ダンボールを使ってオリジナルのものを作ってみてはどうでしょう?

飾るのは写真でも、
お気に入りの布地や雑誌の切り抜きでも良いと思います。

家にもありますが、葉っぱが鮮やかなブルーで、
ハイビスカスの絵柄の布地を数年飾って有ります。

数年飾っておきたい場合、
透明のクリアファイルを用いると
中の布地が汚れることはありません。

縁の部分はダンボールの側面を生かしたり、
そのまま使ったり、
かたダンボールを使ってもいいと思いますが、
紙粘土で覆ってしまうという手もあります。

額縁を作る場合、
土台となる四角い板状のものと、
枠になる部分が必要で、
厚みを出したい場合は数枚重ねると良いでしょう。

接着は木工ボンドかグルーガンを使ってください。

接着面いっぱいに使えるなら両面テープでもOKです。

ただ、一発で決めなくてはなりませんので、
慎重に行いましょう。

側面を仕上げるには切り込んだ部分をそのまま生かしてもいいですし、
紙粘土やテープなどで覆うようにします。

飾る時には、麻紐を渡して小さなピンチで留めたり、
パンチで穴を開ける(重ねる前に)、
手作り感を出すためにワイヤーで写真立てを作るのも良いかと思います。