ダンボールを使ってギフトボックスを作ってみましょう。

贈り物を入れますので、ボックスタイプで蓋は分かれていたほうが綺麗です。

気をつけたいのは「蓋がきちんと重なること」ですが、採寸と折り目をきちんと取るなど、厚みの微調整が必要となりますのでなかなか上手くいきません。

ですので、高さ違いの同寸にし、一工夫をして簡単に作ってしまいましょう。

同寸で作りますので重なることはありませんので、以下の手順で作成してください。

一工夫する部分は箱の本体部分に、折ったボール紙を入れるか、ダンボールを内側にくっ付けるのです。

箱の側面の寸法より若干小さめ(厚み×2)で、高さは箱と蓋の寸法より短め(厚み×2+数ミリ~)に準備します。

それを側面部分を全て覆うように内側に貼り付けてください。できれば、一枚でそれを作ってしまいます。

箱を作る際は、のりしろとなる部分の接着面のライナーと波状のフルートを剥がして接着すると厚みが出ることなくピッタリと付きます。重ねる内紙も容易に貼り付けることができます。

内にボール紙やダンボールを入れることで蓋がピタッと閉まり、補強にもなりますので、割れ物を入れる際にも便利です。

箱の角や断面に紙テープを貼ればチープ感も防ぐことができます。白、黒、グレーだとモダンな雰囲気になりますし、茶系だとナチュラル感があり、柄入りにすれば和洋・可愛いなど中に入れるものに合わせて選ぶことが可能です。