Archive for 11月, 2011

テレビの需要

地上デジタル放送に移行したのが2011年7月です。

一部地域は延長されることになっていますが、2011年9月現在まで地上デジタル放送が見れないというお宅もあるそうです。

それによってある放送局への受信料の解約が増えているそうですが、見られないことには受信料を払う意味がありません。当然だと思いましたが、その数を見てびっくりという次第です。

筆者もテレビを見ない生活を続けていますが、なければないでなんとも無い。平気である。というのが感想です。

友人が泊まりに来た際には、少しの物音にも敏感になるほど、テレビの音がないことに違和感を感じるようです。実はこの友人、度々筆者宅に来ることから、不要になった25型のテレビを勝手に置いていき、挙句の果てにリサイクル料を払って筆者自身が処分したのです。地デジ対応しないのであれば、不要の産物になりますので。

さて、このリサイクル料と引き取りについて、少しだけ触れたいと思います。

テレビの地デジ移行に伴い、買い替えをしたお宅はかなり多いと聞いています。2010年あたりはエコポイント対象で、その時期に買うと得をするということがありました。

見ないテレビを置いていても仕方有りませんので、「ゲーム用にどうですか?」「型は新しいのでチューナーさえあれば間違い無く見られます」などと、売りに出す人が増えました。現在も同じです。

賢い方だと、製造年月日に加え、大きさによって買取やタダ受けをしているそうです。

どういうことかお分かりですか?

テレビのリサイクル料や引取りは、21型以下だと無料で回収してくれる業者もいるのです。

サイズや年式の指定はあるそうですが、21型以下だと海外輸出できる場合があり、ニーズがある国に行くシステムを作っている会社があるということです。

ただ、テレビを処分した人が増えたことから、仕入れたものが多くなり、輸出先の買取価格もかなり下がってきているようです。少し前に比べ、薄利多売状態になり、労力などを考えると今後も無料回収してくれるかという疑念はぬぐえません。

地上デジタル放送対応テレビは、エコポイント対象時に比べモノ余り傾向にあるようで、以前の販売価格よりも安くなっています。移行してから買ったほうが安かったという方もいるほどですが、そうなると今後もブラウン管テレビを処分したいという方は増えてくるでしょう。

無料回収をしている会社のホームページを見ましたが、日本全国からダンボール梱包されて箱ばれてくる量はかなりのものでした。

最近のニュースで見たのですが、巨大ガンダムをダンボールで作った方がいました。

資源ゴミ回収やエコロジーという言葉が登場してからだと思いますが、工業系の高校や大学では、専門(機械科や電気科など)科目を生かし、誰の目にも分かりやすいものを創作しています。その際に軽くて丈夫なダンボールが用いられているのです。

学園祭などで訪れる人にも分かりやすく、人気のものを取り入れる場合が多いので、そのたびに話題に上がっているようです。

あのようなものを作るには、箱の形状は生かしておらず、コンピュータを使って詳細に設計をしていきますので、私たちのような素人には出来ることではありません。昔ならダンボールの形を生かした自動車などがありました。現在ではかなり精巧なものが作られています。

しかし、憧れますよね?

プラモデルが好き、飛行機や乗り物が好きという男性の方などは目を輝かせて見ています。

憧れのものはニーズがあると思うのです。なぜならば、ダンボールプラモデル・キットとしてインターネットのオンラインショップでも扱われているからです。ショップでは必要な材料が揃えられることもありますのでとても便利です。

気になる方は「ダンボール 飛行機」など好きな言葉で検索してみてはいかがでしょうか?