Archive for 2月, 2012

天気の悪い日、風邪気味の日など家の中で遊ばなければいけない時はたまに工作をしてみましょう。机の上に大きなダンボールを2枚か3枚貼って机を覆ってしまいます。
その上ではマジックで何かを描いたり、糊を使って作ったり、カッターで切ったりしても机は全く傷つきません。机にはみ出ないように描いたりカッターを使うことは子供にとってはとても難しいことです。
はみ出ないように下に響かないようになどと余計な事を考えながら工作をしても楽しさも半減です。
たまには子供が思いっきりできるように環境を整えてあげることも大切な事です。できれば絨毯やフローリングの上にもダンボールを敷いてあげてこぼしても大丈夫なように汚れてもいい服を着せて遊ばせてあげるのもいいでしょう。
昔のように思いっきり遊ぶ場所が減っている子供達も可愛そうですよね。昔は砂だらけになって帰ってきたのが子供という感じでしたが今はそういう場所もないので汚れることが嫌な子供も多いです。親も汚れるということをとても嫌がります。
家の中でもつい汚さないで、シールを貼らないで、こぼさないでと注意してばかりです。一日は後片付けを覚悟して子供に思いっきり自由な時間と空間を作ってあげましょう。

気に入った大きさのダンボールに化粧品などの液体も入ったものをちょっと入れておきたい時、元々紙であるダンボールに直接入れるとちょっとこぼした時には一気にダメになってしまいます。
そういう時は工作の時に使ったようなニスを塗ると大分水分にも強くなります。木工用ニスやペーパークラフト用などはホームセンターや生地屋に売っています。少しずつ、刷毛で塗って乾いてからまた塗ってと繰り返すと綺麗に塗れます。
そうするとある程度の水分は大丈夫ですが、元は紙なので大量に水をこぼした場合はやはりダメになってしまいますので注意が必要です。
ダンボールにお気に入りのシールや絵を描いたり布を貼ってからニスを塗るとそのまま固まりますのでお洒落な箱になります。
また、内側に厚手のビニール、要らないクリアケースを切ったものなどを敷いておくと強度も増しますし、少しでも水分の浸透を防げます。クリアケースなどは色々な所でもらいますよね。
結構使わないけど捨てるのはと思って取っておいてしまいます。ダンボール以外にも下駄箱に敷いたり、洗面所の棚に敷いたりするとさっと取って洗えるので掃除にも便利です。クリアケースにだけ使おうと思わずに何でも使ってみてください。