Archive for 3月, 2012

ハードパソコン、食器洗浄機などの大きめの機械を買った時は、丈夫で綺麗なダンボールに入れられています。このまま捨てるにはもったいないくらい丈夫で綺麗なので子供のおもちゃ箱に使うこともできます。
子供のおもちゃ箱にするにはダンボールそのままよりももう少し可愛らしくしたいです。子供の汗をかいた手で触ったりするので多少の水分にも強く、紙のカスが出ないようにする必要があります。そういった場合でもお金をかけずに簡単にできる方法があります。
まず、子供の好きなキャラクターを切り取りした紙や可愛らしい布などを木工用ボンドで貼ります。お気に入りのシールを貼ってもいいです。
子供に絵を描かせても可愛らしいですね。それからなるべく埃やダンボールの切りくずを取り、スプレー式の「クリアラッカー」というスプレー式のニスを使うと簡単に透明の皮膜ができます。
スプレー式なので短時間にむらなく広範囲に塗ることができます。一度乾いてからもう一度塗ると更に綺麗に強度も増します。スプレー式なので何もない所に新聞をひいて塗るか庭などの外で噴射した方が周りに付くことがなく安心です。
クリアラッカーはホームセンターなどで売っているので家に一つ置いておくと他のものにも使えます。

子供用のおもちゃは結構値段が高く、昔と違ってたくさんあるので子供達はあれが欲しいこれが欲しいと目移りしてばかりです。買ってあげても大事する期間は短く、すぐ飽きてその辺に転がっています。
女の子は家の中でおままごとをしたり人形を持ち歩いたりしますが男の子はやはり外で遊ぶのが一番好きなようです。それでも女の子が人形で遊ぶように男の子も戦隊ものの人形やロボットで戦いごっこをします。
テレビでやっている戦隊もののおもちゃはテレビでやっているというだけで値段が高いです。同じロボットでもその戦隊もののロゴやシールが貼ってあるだけで倍の値段はするのです。
ですから家ではダンボールでロボットを作ってあげても喜びますし、何しろ安くすみます。それにテレビでやっている戦隊もののシールを貼ってあげればもう喜びます。
子供が小さい時は可愛くて、可愛くて何でも買ってあげがちですが、大人になって高校や大学に進む時にはなんでもうちょっと貯金しておかなかったんだろうと悩む人も多いです。
やはり子供の為にも日ごろの貯金が大切なのです。本物を買ってあげるのはクリスマスや誕生日、またはおじいちゃんおばあちゃんに任せて日ごろのおもちゃは手作りにすることがおススメです。